VAIO S15 15.6型 VAIO S15 15.6型

VAIO S15

ノートPCの常識を超えるハイパフォーマンス

* アップグレードは、2021年末から2022年にかけて提供予定です。デバイスによって時期が異なります。機能によっては特定のハードウェアが必要です。詳しくは aka.ms/windows11-spec をご覧ください。

第9世代インテル® Core™ プロセッサーHプロセッサーライン搭載

VAIO S15は、デスクトップPC級の性能を実現する第9世代インテル® Core™ プロセッサー Hライン(Core i7、Core i5)を搭載。6コア/12スレッド駆動のCore i7は、ノートPCの多くで採用されている省電力優先のUライン のCore i7と比較して、2倍以上*のCPU性能を誇ります。

* VAIO株式会社調べ。ご使用の環境により結果が異なる場合があります。

* 最大パフォーマンスでご使用いただくには「VAIOの設定」、「CPUとファン設定」にて、「パフォーマンス優先」に設定する必要があります。詳しくはこちら

CPUパフォーマンスの比較
(Core i7モデル)

CPUベンチマークテストによる従来プロセッサーとのパフォーマンス比較(Core i7モデル)

CPU: MAXON Cinebench Version15.0.3.8でのベンチマークスコア

CPU: MAXON Cinebench Version15.0.3.8でのベンチマークスコア
VAIO株式会社調べ。
ご使用の環境により結果が異なる場合があります。

CPUベンチマーク比較動画(Core i7モデル)

CPUパフォーマンスの比較
(Core i5モデル)

第9世代インテル® Core™プロセッサーHラインは、Core i5もハイパフォーマンス。一般的なノートPCに搭載されている第8世代インテル® Core™プロセッサーUラインのCore i7よりも高速に動作します。

CPUベンチマークテストによる一般的なノートPCとのパフォーマンス比較

CPU: MAXON Cinebench Version15.0.3.8でのベンチマークスコア

CPU: MAXON Cinebench Version15.0.3.8でのベンチマークスコア
VAIO株式会社調べ。
ご使用の環境により結果が異なる場合があります。

CPUベンチマーク比較動画(Core i5モデル)

大容量32GBメモリーを搭載可能

ファイルサイズの大きな画像や動画、資料を多数展開し、アプリを切り替えながら作業もスムーズにする大容量32GBメモリーを搭載可能。広帯域・低レイテンシーなDDR4メモリーを採用したことで、レスポンスも高速化しています。

THUNDERBOLTロゴ

Thunderbolt™ 3対応

最新インターフェイスThunderbolt™ 3端子(USB Type-C™端子と共通)を搭載。USB 3.1(10Gbps)端子を上回る、40Gbpsもの通信速度を誇ります。また、デスクトップPC用グラフィックカードをノートPCでも使用可能にする外付けGPU BOXや、高精細ディスプレイへの複数画面同時出力、Thunderbolt™ 3接続対応のSSDによる超高速外付けストレージなど、ワンランク上の機能拡張が可能です。

高速×大容量、妥協しないストレージ

高速×大容量、妥協しないストレージ

デュアルドライブも選べる柔軟なドライブ構成

おすすめ

SSD + HDD(デュアルドライブ)

OSや、よく使うアプリケーションは高速なSSD、動画や写真などの格納には大容量のHDDに保存するなど、ストレージの特性を良いところ取りができるSSD+HDDのデュアルドライブ構成も可能です。

お選び可能なストレージ一覧

HIGH SPEED SSD

第三世代 ハイスピードSSD(高速) 1TB / 512GB / 256GB

「第三世代 ハイスピードSSD」はSATA SSDと比較して、さらに高速です。 ただし、容量あたりの価格はHDDより割高になります。

HIGH SPEED SSD

SATA SSD 256GB / 128GB

ストレージ内の全てのデータの読み書きが高速。ただし、容量あたりの価格はHDDより割高になります。

SSD

HDD 1TB / 500GB

リーズナブルで大容量ですが、アクセス速度が他の選択肢と比べて低速です。

SSDパフォーマンス比較

CrystalDiskMark6.0.2によるシーケンシャルリード / ライトのベンチマークスコア

CrystalDiskMark6.0.2によるシーケンシャルリード / ライトのベンチマークスコア
VAIO株式会社調べ。
ご使用の環境やスペック構成により、結果が異なる場合があります。

ストレージ速度比較

1000個のファイルをフォルダからフォルダへコピーしたときに掛かった時間(秒)

1000個のファイルをフォルダからフォルダへコピーしたときに掛かった時間(秒)
VAIO株式会社調べ。
ご使用の環境やスペック構成により、結果が異なる場合があります。
クリエイティビティを刺激する感性体験

クリエイティビティを
刺激する感性体験

15.6型ディスプレイ搭載

一般的なモバイルノートPCより一回り大きな15.6型ワイドディスプレイを搭載。用途にあわせてHD、Full HD、2種類の4K液晶からお選びいただけます。

「4K」ULTRA HDとFULL HDとHDの比較

4K解像度がさらに進化

きめ細やかな表示が可能な4K解像度ディスプレイ(3840×2160ドット)には、明るさの表現力を拡張する「HDR(ハイダイナミックレンジ)」*、Adobe RGBカバー率100%のディスプレイなどより上位の選択肢もご用意しました。映画やゲームなどのHDR対応コンテンツでダイナミックな映像美をお楽しみいただけるほか、広色域液晶が写真などをより色鮮やかに、正確な色味で表示します。

* HDR対応コンテンツのみ。HDR 動画の再生は4K 30fpsまでのサポートです。また、本液晶パネルのバックライトは、HDR機能が有効な状態の時、低消費電力とコントラストの向上を図るため、画面の基調色に応じて自動で画面全体の輝度を調整します。

4K ULTRA HD

ビジュアル&サウンド体験の追求

Dolby ATMOS

映画館のようなサウンド体験

4K HDR液晶モデルは、音にもこだわりました。映像コンテンツ* 視聴時には、映画館などで好評の最新立体音響技術「Dolby Atmos™」で、包み込まれるような音響効果を再現。内蔵スピーカーおよびヘッドホンで最大の効果を引き出せるよう、VAIOの専任エンジニアが音響チューニングを施しています。

* 動画配信サービス(VOD)のDolby Atmos対応作品のみ。

高輝度、広視野角ディスプレイ

VAIO S15のディスプレイは、明るく、上下、左右ともに170°の広視野角。資料作成などの作業効率を高めてくれます。

PCを上から見た写真
PCを正面から見た写真
高性能光学ドライブ

高性能光学ドライブ

ブルーレイディスク™ドライブを搭載可能

VAIO S15は光学ドライブを搭載。Ultra HDブルーレイ™の再生に対応*し、4K映像の再生や25GB以上の大容量データのバックアップも可能なブルーレイディスク™ドライブ(BDXL™対応)、または、DVDドライブを選択できます。

* HDR非対応液晶搭載モデルでUltra HDブルーレイ™を4K/HDRで視聴するためには、本機のUSB Type-C™コネクタからDisplayPort1.3以降・4K・HDR/HDR10及びHDCP2.2対応の機器に接続してください。

Ultra HDブルーレイ™とは

Ultra HD Blu-ray

Ultra HDブルーレイ™

4K解像度の映像を収録可能な新世代の映像メディア。従来のブルーレイ™に収録されたハイビジョン映像と比較して4倍の解像度を誇り、さらに色鮮やかな映像が楽しめます。

テレワークを円滑にする
高性能カメラ&マイク

PCの前に男女1名ずつがいて、正面の男性が的確に音声を拾えている写真

高性能マイク&ステレオスピーカー

話者の方向に強い指向性を持たせるビームフォーミング技術に対応し、クリアな音質で通話ができるデュアルマイクを搭載。高音質なステレオスピーカーも搭載し、クリアな音声でWeb会議を行えます。

※マイク効果の初期設定は「全方向」です。1対1のWeb会議には「一方向」が適しています。Realtek Audio Consoleのマイク配列から設定変更が可能です。詳細はhttps://solutions.vaio.com/3963をご覧ください。

VAIOならではの安心感 VAIOならではの安心感

VAIOならではの安心感

VAIO PCの裏側

VAIOのものづくり、日本のものづくり。

「ユーザーのみなさまに、長く快適に使って欲しい」という強い意思のもと、使いやすさや安心感にこだわった製品づくりを行っています。

徹底した高品質設計

VAIO独自の、さまざまな利用シーンを想定した品質試験を実施。VAIO S15も、数十項目におよぶ状況を想定した試験をクリアしています。

衝撃試験

衝撃試験

うっかりPCをぶつけたり落としたりした際、内部にどのように衝撃が伝わるかをこの試験で分析し、堅牢性を高めます。

セキュリティーと快適さを両立

セキュリティーと
快適さを両立

キーボードの正面で手をキーボードにおいて顔認証している画像

指紋と顔、2つの生体認証方式に対応

VAIO S15は、Windows Hello対応の生体認証方式を2種類から選択可能。センサー部に指を置くだけの指紋認証、内蔵カメラでユーザーの顔を自動認識する顔認証の2つの方法で瞬時にログインできます(指紋認証はスリープ状態からの復帰にも対応*)。

* 出荷時設定ではオフ。「VAIOの設定」で設定可能です。

さらに詳しく

家族の共有利用も安全・安心

保護者機能を備えるWindows 10 では、子どものアカウントにアプリやWebへのアクセス制限を設定可能。親子の指紋と顔をそれぞれのアカウントに紐づけ、登録しておくことで、認証と同時に各々のアカウントに自動ログインさせることができます。

顔認証もしくは指紋認証した後に認証した人のアカウントで起動する
キーボード上部とディスプレイのズーム画像

オールインワンに
欠かせない操作感

テンキー付きフルサイズキーボード

デスクトップPC向けと同じ、キーピッチ約19mmのフルサイズキーボードを搭載。テンキー*が用意されているので、表計算ソフトなどでの数値入力も快適に行えます。

* テンキーのキーピッチ約16mm

キーボードをタイピングしている画像

快適なタイピングを実現

Windows 使用時にキーボード奥部が持ち上がるチルトアップヒンジ構造を採用。手のひらや手首にかかる負担を大幅に軽減し、快適なタイピングが行えます。

さらに詳しく

Ctrl(左)キーをFnキー割当、Ctrl(右)キーをCtrl(右)キー割当などキーの機能割当が可能
クリックして拡大

キーボードの割り当て変更が可能

プリインストールされる専用アプリ「VAIOの設定」で、キーボード割り当ての変更が可能。キーの機能割り当てをカスタマイズしたり、ファンクションキーによく使うアプリケーションを登録できます。

使いやすい2ボタンタッチパッド

使いやすい2ボタンタッチパッド

スマートフォンのようになめらかな動きの高精度タッチパッドを搭載。左右ボタンの押し間違えを防ぐクリックボタン付きで、耳障りなクリック音を抑えました。Windows 10ジェスチャーにも対応し、スクロールや ズームイン/ズームアウト等の操作もタッチパッド上で快適に行えます。

充実のインターフェイス

充実のインターフェイス

PC側面のさまざまな端子を説明している写真

新旧のインターフェイスをフル装備

新規格のインターフェイスに加え、ビジネスの現場で使われる旧規格のインターフェイスもサポート。4K出力対応のHDMI端子、VGA端子(アナログRGB出力端子)、有線LAN端子のほか、USB Type-C™端子、3つのフルサイズUSB端子、SDメモリーカードスロットなどを搭載しています。

さらに詳しく

トリプルディスプレイ出力に対応

VAIO S15は、HDMI端子*¹/VGA端子(アナログRGB出力端子)*²と、USB Type-C™端子*³の同時出力が可能。内蔵ディスプレイを含めて3画面同時出力が可能です。

*1 最大出力解像度は4096×2160/24Hzまたは3840×2160/30Hzとなります。VGA端子(アナログRGB出力端子)との同時利用はできません。
*2 最大出力解像度は1920×1200となります。HDMI端子との同時利用はできません。
*3 最大出力解像度は4096×2160/30Hzまたは3840×2160/60Hzとなります。

S15を2つの外部モニターに接続してトリプルディスプレイで出力
USB Type-C™端子経由で様々な機器に接続

USB Type-C™端子を搭載

さまざまな周辺機器との接続を1本のケーブルで行える最新のマルチインターフェイス、USB Type-C™端子を搭載。将来的な拡張性も担保します。

インターネットも快適に

MU-MIMOにも対応

高速データ通信が可能な5GHz帯のWi-Fi規格「IEEE802.11ac」に対応。たくさんの人数でネットに繋いでいる際も速度が落ちにくい「MU-MIMO」にも対応しています。

本質を追究した
機能美デザイン

ブラック、シルバー、ホワイト3色のPC

3種類の本体カラーリング

スタンダードな「ブラック」、VAIOのコーポレートカラーである勝色のニュアンスを含んだ「シルバー」に加え、キートップやパームレストも白く染め上げた、シンプルで清潔感のある「ホワイト」をご用意しました。

名称・サイズの詳細

PCの各部位の名称やサイズの詳細