ノートPC 14.0型

4K&大画面の臨場感。
どこでも使える解放感。
DGP_2020SUMMREデジタルカメラグランプリ銀賞 VAIO_SX12_banner
DGP_2020SUMMREデジタルカメラグランプリ銅賞
VAIO® SX14
14.0型ワイド
vaio_tureperformer4K_icon
 

大画面モバイル

これまでのモバイルノートPCでは
使い勝手に直結する「大画面」と、小型・軽量ボディが生み出す「モビリティ」は両立しがたいとされていました。

今、VAIO SX14がその“常識”を打ち破ります。

超スリムベゼル化によって、本体サイズをほとんど変えることなく一回り大きな14.0型ディスプレイを搭載した上、
最先端のカーボン素材を採用することで、本体重量約999g*を実現。

大画面でありつつ、小型・軽量という矛盾を成立させています。
* 構成によって重量は異なります。

一回り大きな画面サイズを
これまで通りのサイズで実現

モバイルノートPCとは思えない、大画面14.0型ディスプレイを搭載

VAIO SX14は、スタンダードなモバイルノートPCとしては一回り大きな14.0型ディスプレイを搭載。
一般的な13.3型ディスプレイと比べて、テキストや表が見やすいため、作業効率が上がり、しかも疲れにくいというメリットがあります。

画面サイズの大型化に伴い、ディスプレイベゼルは従来の半分以下にスリム化。
画面周りがすっきりしたことで、動画や写真などのコンテンツにもより没入しやすくなりました。

これまでの4倍の情報量を誇る「4K」ディスプレイを選択可能

ビジネスでもプライベートでも、4K解像度の恩恵は計り知れない

VAIO SX14のディスプレイは大きいだけではありません。
よりきめ細やかな表示をお求めの方のために、4K解像度(3840×2160ドット)パネルを選択可能にしました(標準的な製品はフルHD解像度=1920×1080ドット表示)。
高解像度ディスプレイには、文字や図表が滑らかに表示されることによる視認性向上や、ノートPCへの乗り換え時に生じる違和感・窮屈感がありません。
画面あたりの情報量の拡大というメリットがあります。もちろん、写真や動画の表示・編集などといったクリエイティブな用途にも好適です。

両手をしっかり支える「無限パームレスト」 VAIO独自機能

使用時にキーボード奥部が持ち上がるチルトアップヒンジ構造の採用によって、
パームレストが机面までシームレスに続くかのように感じられる「無限パームレスト」を実現。
手のひらや手首にかかる負担を大幅に軽減することで快適なタイピングが行えます。

余すことない拡張性を、モバイルPCでも

ビジネスの現場で求められるインターフェイスをフル装備

PC向けの接続ポートは次々と新しい規格が登場していますが、実際のビジネスの現場では、VGA端子(アナログRGB出力端子)が会議室のプロジェクターなどで今でも普通に使われています。

VAIO SX14はそういった現実を踏まえた上で、新・旧規格のインターフェイスを共存。
スリム&コンパクトな筐体の中に、4K出力対応のHDMI端子、VGA端子(アナログRGB出力端子)、有線LAN端子のほか、最新のUSB Type-C™端子、3つものフルサイズUSB端子、SDメモリーカードスロットなどをコンパクトなボディに全て搭載。外付けアダプターなしで、どんな環境にも対応します。また、HDMI端子と、VGA端子(アナログRGB出力端子)/USB Type-C™端子の同時出力*が可能なため、内蔵ディスプレイを含めて3画面同時出力が可能です。

* USB Type-C™とアナログ外部ディスプレイ出力端子を同時に外部モニター出力としてご使用いただくことはできません。

ワンランク上の“余裕”が
最高の生産性を生み出す

出先のカフェから、オフィスや自宅のデスクまで、
あらゆるシチュエーションで高いパフォーマンスを実現することも、
VAIOが選ばれる理由の1つです。

VAIO SX14がそのは、ミニマムサイズでありながら、その点にも妥協していません。
最新CPUの能力をさらに引き出す独自チューニング「VAIO TruePerformance®」や、
安全性と快適性を両立させるダブル生体認証対応、
どこまでも使える最大約20.5時間駆動対応のスタミナバッテリー。全ての点でより一層、進化しています。

モバイルの限界を超えるハイパフォーマンス

最大6コア12スレッドの第10世代インテル® Core™ プロセッサーの
実力を引き出すVAIO TruePerformance® VAIO独自機能

最大6コア/12スレッド駆動という卓越したハイパフォーマンスを実現した、
第10世代インテル® Core™ プロセッサー Uプロセッサーラインを搭載。
それをVAIO独自のチューニング「VAIO TruePerformance®」によって、さらに高性能化しています。
* VAIO TruePerformanceを適用する為には、「VAIOの設定」、「CPUとファン」設定にて、「パフォーマンス優先」に設定する必要があります。
デフォルト設定では、電源接続時のみ「パフォーマンス優先」に設定されています。

長く使える、
もっと使えるロングバッテリー

最大連続約20.5時間のスタミナバッテリー

内蔵バッテリーだけで朝から晩まで使える、最大約8.0〜20.5時間*1の連続駆動を実現。
外出時にACアダプターを持ち歩く必要がなくなるので、荷物がさらに軽くなります。

消費電力が大きくなるLTE接続時でも最大約6.7時間*2の連続駆動が可能です。
たとえば東京から大阪までの日帰り出張などでもずっとLTEを使い続けられます。

さらに、わずか1時間でも最大約14時間分*1の充電ができる急速充電にも対応。
うっかり充電を忘れてしまっても、短時間でリカバリーできます。
また、バッテリーの劣化を防止する「いたわり充電機能」も搭載しています。

*1 JEITA測定法 2.0の場合。最大駆動時間は本体仕様により異なります。また、駆動時間は使用状況および設定等により変動します。
*2 LTE連続接続時、WEB巡回60秒間隔、キー入力10秒間隔、輝度150cd/m2においてのバッテリー容量が100%から5%までの駆動時間。
最大駆動時間は本体仕様により異なります。また、駆動時間は使用状況および設定等により変動します。

VAIO SX14はメイド・イン・ジャパン

VAIO SX14は組み立て工程以降を長野県・安曇野のVAIO本社で行うメイド・イン・ジャパンモデル。
フラットアルミパームレストなど、体裁に大きくかかわる部分に日本製部品を使い、
タッチパッドや、キーボードなど、高い精度の組み立てが求められる部品を、
敢えて国内工場で丁寧に組み立てることで、高い品位を保っています。

価値の本質を追究する。それが、VAIO

これから先、PCの、モバイルの形が変わっていったとしても、
VAIOのものづくりに対する信念は変わりません。

良いものとは何なのか、そこに存在する価値の本質とは?
「安曇野FINISH」と名付けられた、VAIO安曇野本社での総仕上げが生み出す信頼感。
使いやすさをとことん追求して辿りついた機能美デザイン。
これまでも、これからも、価値の本質を追究し続ける。

それが、VAIO

本体カラーは定番ブラック&シルバーに加え、最上級の気品をまとうブラウンを用意

VAIO SX14は、3色の本体カラーリングを用意。
スタンダードな「ブラック」、VAIOのコーポレートカラーである勝色のニュアンスを含んだ「シルバー」、そして、背面VAIOロゴとオーナメントに特別なゴールドメッキを施すことで、華やかさと大人の落ち着きを絶妙なバランスで表現した「ブラウン」から、ご自身のスタイルに合わせて選んでいただけます。